--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年06月22日 (土) | Edit |
今年は梅雨の時期にもかかわらず雨が少ないようですが、ここ数日は台風に刺激されてぱらぱらと雨が降ったりやんだりを繰り返しています。おかげで、我が家の庭は、芝が急に青々と茂りだし、雑草も毎日ビックリするくらい伸びてきています。

そんな折、きのこもにょきにょきと顔を出してきました。さすが山ですね。

P6160008.jpg
2013年01月12日 (土) | Edit |
ニセUFO写真を作るiOS用のアプリがあったので、試してみました。

IMG_0438.jpg

それっぽく撮れるので面白いですね。
2012年07月22日 (日) | Edit |
うちに帰宅してみると、なごん(飼い猫)の様子が変なのです。あちこちにぶつかっているのです。どうも目が見えていないようでした。家を出るときは、ちゃんと見えていたはずなのに・・・。

翌日動物病院へ連れて行ってみると、網膜が変性してしまっているとのこと。もう元には戻らないそうです。背景には高血圧か糖尿病があるだろう、とのこと。避妊をしていたにも関わらず、数年後から発情が始まってしまい、その都度コビナンというホルモンを使って抑えてきたことが原因かもしれません(糖尿病を誘発しやすいのです)。発情を抑えるのは人間の都合なのですから、そのために目が見えなくなってしまったと思うといたたまれない気持ちでいっぱいです。とりあえず、見えなくなったばかりかもしれないのでステロイドを投与することになりました。

小さな頃から17年館ずっと一緒に過ごしてきました。もう彼女には私の顔が見えないのです。それでも、まだ声と匂いでお互いを知ることはできます。せいいっぱい長生きしてほしいです。
2012年06月03日 (日) | Edit |
昨日、朝起きてみるとベランダに置いてあったサンダル二足がそっくり消えていえました。あれ?と思って、ベランダの柵から下を覗いてみると、うちのサンダルらしきものが片方だけ、ひっくり返って落ちているのが見えました。最近、かずぴぃは朝5時に起床して、ごそごそ動き回っているのですが、どうも一人でベランダへ出て、すきまからサンダルを落としたようなのです。

とはいえ我が家は、10階。自由落下させた場合は、地上付近で100km/hの速度になります。幸い落ちたサンダルは、敷地内にある芝生の上でしたが、その他のサンダルが見当たりません。管理人の方にお願いして、サンダルを回収に行きましたが、やはりうちのものでした。

かずぴぃに、サンダルは?と聞いても泣きじゃくるだけです。この頃、大人が見ていないときに、あれこれ一人でいろいろやるようになってきました。見に行くと、あっちへ行け、と指で指します。おそらく、一人でやってみたいけれど、やっている姿を見られるのが恥ずかしいのでしょう。いっぽうで、やっていいことと悪いことの区別が付いていませんので、危険な状態ともいえます。しかしながら、知的障がいのある息子にとって、ベランダから物を落とすことが大変危険な行為であることを、口で教えてもなかなか理解はしてもらえません。

仕方が無いので、ベランダに勝手に出られないようにするしか今のところ方法が無い状態です。かずぴぃは、クレセント錠のダブル・ロックも、サッシの下に付いているロックも全て外すことができます(物の仕組みを理解する能力は高いようです)。そこで、これをサッシに取り付けました。

IMG_0243.jpg

窓ガラスに直接貼り付けて、ガラスが動かせないようにするための防犯ロックです。本来の利用方法(外部から侵入させない)とは異なりますが、かずぴぃの手の届かない場所に貼り付けることで、勝手にベランダに出ることができないようにすることが可能です。ロックはふたつ付いており、換気用にすこし開けることができるので便利です。

IMG_0242.jpg

装着したところです。粘着テープがかなり強力なようで、剥がすことができないようなことが書いてありましたが、本当でしょうか。ちなみに、粘着面には「防犯装置装着」みたいなことが書かれています。固定に24時間かかるそうなので、明日から稼働させてみようと思います。
2012年05月27日 (日) | Edit |
ちょっと前までは、写真はアルバムに収めていたのですが、今はそのほとんどがデジタルなので、Mac上で管理しています。とはいえ、サイズも日々肥大化していくので、外付けHDDにライブラリごと入れてしまっています。

保存先がHDDというのは、いささか頼りない感じがします。というのは、HDDというものがすぐに壊れてしまうためです。そこで、昨日はDVDにバックアップを行いました。

方法は簡単で、iPhotoの共有→ディスクを作成、と選ぶだけです。バックアップとどこにも書かれていないのが不親切な気がしますね。あとは、イベントから写真を選ぶだけです。ディスクがいっぱいになると教えてくれるので、ちゃんと収まるように選んであげます。後は、自動的にDVDに書き込み、検証までしてくれます。

けっきょく、DVD12枚にバックアップしました。でも、これで一安心です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。