--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年04月01日 (日) | Edit |
7年間使ってきた掃除機Dyson DC12ですが、子供が掃除機のヘッドをおもちゃがわりにして、部屋や家具にガンガンぶつけてしまったためにヘッドの付け根が折れてしまいました。本体はまだまだ動くのに、これでは掃除ができません。ヘッドのみ交換すると7000円ほど(オンラインストアで部品を購入できます)ですが、もう7年使用したということで、新しい掃除機を購入することにしました。

さんざん悩んだ結果、買ったのはこれ。Dyson DC35 マルチフロアです。

P4012710.jpg
Dysonのハンディタイプのクリーナーです。ふだんの掃除は子供を送るときにルンバがやるので、子供の食事の後や、ルンバが掃除してくれない場所を気づいたときにさっと掃除できるのでとても便利です。専用の壁掛けスタンドが付属しているので、こんなふうに壁に掛けておくと充電してくれます。

P4012711.jpg

取り出すときは、ちょいと上に持ち上げて手前に引くだけ。ちょっとコツがいりますが、慣れてしまえばかんたんです。

P4012714.jpg

手に持つところに、ゴミをためるビン、モーター、バッテリィが全てついています。赤いボタンを手前に引いている間だけ動きます。ボタンはとても軽いので、引きっぱなしでも指が疲れることはありません。

P4012713.jpg

ヘッドはモーター付きなので、グイグイゴミをかきこんでくれます。フローリングが傷つくということもありませんでした。ハンディタイプとしては十分すぎる吸引力で、MAXにすればコード付きと同じか、それ以上に吸い込んでくれます。

P4012715.jpg

何よりも音が静か! コード付きのダイソンは爆音ですが(笑)これは、びっくりするほど静かです。ただ、モーター部分から風がびゅうびゅう出てきますので、使い方によっては排気が顔を直撃します。それでも、十分にきれいな排気なので大丈夫だと思います。アレルギー持ちの私でも、くしゃみひとつ出ませんでした。なお、パイプは固定されており、伸縮はしません。これがちょっと不便かも。

そのかわり、ツールを変えれば色々な用途に使えます。一番のお気に入りが、このミニモーターヘッド。ヘッドの角度が自由に変わるので、でこぼこしたものでもピッタリくっついてお掃除してくれます。

P4012716.jpg

さらに、ブラシを使えばテレビの上にたまったホコリもさっと掃除できちゃいます。

P4012717.jpg

なんといっても、コードレスで軽量なので、気づいたときにさっと掃除できるのが嬉しいですね。どんどんゴミが溜まっていくのが見えるので、掃除が楽しくなります。連続運転時間が15分(MAXだと6分)と短いのが残念ですが、普段の掃除はルンバがやってくれるので今のところ不自由は感じません。きちんと掃除ができると初めて感じることができた、ハンディクリーナーです。これはとにかくおすすめ!


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
dc35は子育て向き!
こんにちは。通りがかりです。dc35は子育て中に使えますよね。ちょっとした食べこぼしとか。うちの子たちはもうでっかくなっちゃいましたが、子育て頑張ってください。
2012/04/16(Mon) 18:11 | URL  | だいそん #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。