--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年05月29日 (日) | Edit |
久々の漫画ねたです。ねたにしていないだけで、まじめにたくさん読んでいます。

それは半年前、「それでも町は廻っている」の作者サイト内にある「日記」に書かれた一言からはじまりました。

「これは予約しなければ」

そうなのか?予約しなければならないのか?と血迷った挙げ句、予約してしまったものが時を超えたいま、届きました。

それがこれ。

P5290088.jpg
フィギュアを収集する趣味はないのですが、別に美少女でもないし(失礼)いいかなと思った次第。はじめてなのでドキドキしますね。

箱を開けると、ウキばぁちゃんの顔やら(笑)いろんなポーズをした手やら、ほうき、コーヒーカップ、おぼんなんかが入っています。のっぺらぼうの顔が入っていて、石黒正数の好きなおばけネタでもできるのかと思ったのですが、別にステッカーが入っていて、どうやら好きな表情のものを貼り付けろということらしい。

P5290096.jpg

とりあえず箱を見回してみて、いいと思ったのがこれ。

P5290089.jpg

顔を取り替え手を取り替えて、とお茶の水博士もビックリな大手術のあげく完成。

P5290090.jpg

じゃーん!万年虫!

それ町のストーリーのなかでも好きな場面のひとつですね~。モンブランの万年筆の先を切り落として虫眼鏡を無理矢理つけたものです。歩鳥のアホさがダイレクトにつたわってきますね。

P5290093.jpg

めいど!

さて次はどれにしようか・・・


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。