--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年03月19日 (金) | Edit |
この2、3日のあいだ、職場のそばでウェットティッシュタイプのめがねふきを女性たちが配っている。コンタクトをつけているときは、もらえなかったのだけれど、花粉のせいで目が充血するのでメガネをかけていったら、もらえた。要するに、メガネをかけている人にだけ配っているのだ。

しかし、コンタクトレンズを使っている人は、家に帰ってからコンタクトレンズを外してメガネをかけるわけで、めがねふきは必要である。だから、メガネをかけていない人にも配ったらよいのに、とそのときは思った。家に帰って、のりのりにそのことを話したら、
メガネにもコンタクトレンズにも用のない人たちにとっては、もらっても使い道がないとのことだった(手を拭くことはできそうだけれど)。なるほど、そういう人もいるのだな、と納得した。生まれてこのかた、ずっと視力が良い人もいるのである。自分にとっては到底信じられない。家に帰って、何にもピントを合わせなくてすむ瞬間がとてもリラックスできるとさえ感じる。視力の良い人はいつリラックスできるのだろうか。

ただ、持って帰れば、家にめがねふきを必要としている人もいるかもしれないわけで、やはりメガネをかけた人だけに配るというのは、宣伝効果としてはいかがかと思うのである。ちなみに、朝も夜も同じ女性が配っていた。ご苦労様です。

家に帰ってみると、マンションの敷地内で車上荒らしが4件も発生していたことが判明。昨晩のうちに犯行が行われたらしい。いずれも三角窓のあるミニバンで、三角窓に穴を開けられていた。穴から棒か何かを突っ込んで、ドアロックを解除するのだろう。窓を割るのも、タオルか何かをあてがうことで、音もほとんどしないという。少し前から駐車場にゲートを設置することについて議論されていて、ゲートのそばに駐車場を持つ住民が駐車するのに不便だということで、結局お蔵入りになってしまったばかりである。こんなふうに、議論が空転するうちに災難はやってくるのである。全く馬鹿馬鹿しい限りだ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。