--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年11月08日 (日) | Edit |
今日は午前中、のりのりが健康診断に出かけていた。ぽよよんが寝てくれていたので、家事をいろいろとしていると、なんだか北側のベランダにハトがひっきりなしにやってくるのだ。
以前も似たような状況があって、調べてみるとエアコンの室外機の足と足のあいだに巣ができていた。卵もあったのだけれど、ここは心を鬼にして卵ごと巣を廃棄した。その後、巣のあった場所にレンガを置き、ハトが入れないようにしていた。

ところが今日見てみると、置いてあるあるはずのレンガが取り除かれている。当然、小枝がわんさと出てくる。しかも何故か三羽のハトがいるのだ。どういうご関係?

急いでベランダのサッシを開けると、せっせと逃げようとする。ベランダの壁にはちょうどハトのサイズのスリットが開けられているのだが(いい迷惑だ)、メスハトが逃げようとすると、メスを押しのけてオスが先に逃げようとするのだ。そんなんじゃ嫌われますよ。

5分おきに飛んでくるので、そのたびに脅かしてハトを逃がしてやった。いや、こう書くとハトを保護しているみたいなので、別の表現にすると「お引き取りいただいた」か。ハトがいなくなった隙を狙って、小枝を取り除き、室外機の足下の空間を、前後ともレンガで塞いだ。そう、レンガはあったのである。どこにあったかというと、ずいぶんと端のほう。

どうも昨日ペンキ塗りをしたときに、業者が室外機の下のレンガというレンガをどかしたらしい。どかすのはかまわないのだが、元に戻してほしい。こちらは意味があってやっているのだ。

午前中はハトとの格闘?で終わった。今日のお昼はのりのりが駅弁を買ってきた。

こちらは定番の越前かにめし。電子レンジで温めるとかにの香りが引き立つ。

DSC03023.jpg

ごはんはせいこがに(松葉がにの雌)、身は紅ズワイ。かにみそも一緒に炊き込まれているので、とにかく、ごはんが濃厚な味わい。身はちょっとぱさついている感じ。こちらは福井駅の弁当屋、番匠。

DSC03024.jpg

こちらはニューフェース、あったかかにめし。敦賀駅の弁当屋、塩荘。

DSC03021.jpg

ひもをひくと、7分くらいでほかほかになる。こちらはごはんはあっさりとした炊き込みごはんで、身は紅ズワイ。パサパサ感はこちらのほうが強いが、身はこちらのほうが多い。かにみそがついている。

DSC03025.jpg

かにをお弁当にすると、どうしてもあのジューシーさが失われてしまうため、ちょっとがっかりしてしまう。越前かにめしは、ごはんにかにみそを炊き込んでいるため、なるほど定番なのもうなづける。あったかかにめしは、あったかいという点とかにみそがついている点がアドバンテージになるか。ただ、そのぶん値段も高い。

かにを食べに行きたくなった。今年は難しそうだけど、来年はぽよよんを連れて行けるか?まだ電車にも乗せたことがないのだが・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。