--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年10月19日 (月) | Edit |
新宿のさくらやホビー館に行ってきました。
東京の模型屋はここ数年でどんどん潰れていますね。
寂しい限りです。

今回はこちらの二点。
二週間前に見て、次に置いてあったら買おうと思っていたのですが、なんと両方とも残っていたのです。これはもう運命としか・・・
リンドバーグ 1:200 スペースシャトル&ブースター

DSC02867.jpg

こないだハセガワの全く同じスケールのものを組み上げたばかりだというのに、この体たらくです。でもハセガワのキットはいつでも買えるけど、きっとこの子とは一期一会でしょう。このように安全率を見込んだ行動が、よい結果を生むと都合よく解釈しています。

DSC02868.jpg

ごらんのとおり箱の中はスッカスカです。
さすがアメリカ製。

では袋の中を見てみましょう。

DSC02871.jpg

以上。輸入プラモデルはシュリンク包装されていることが多いので、中身を事前に確認できないのです。一番の心配は、固体ロケットブースタと燃料タンクがモナカかどうか、という点だったのですが期待を裏切ることなく見事にモナカでした。やれやれ・・・

このキットの美点といえるのは、

DSC02874.jpg

耐熱タイルがとにかくものすごく気合いを入れて再現されている点と、

DSC02872.jpg

固体ロケットブースターの先端は別パーツになっていることでしょうか。

しかし、このキットはクリアパーツが入っていません。
コクピットは青色のシールになっています。うーん・・・

今回の残念さんは、これ。

DSC02876.jpg

なんかスペースラブがうすっぺらーい。
これはひどい。ハセガワのほうがペイロードにかんしては采配が上がります。それにしても、キット化されているものって決まってスペースラブなので、食傷気味です。たまにはハッブルとかISSとか積んでほしい。

さて、お次はこれ。


DSC02866.jpg

レベル製アポロ月着陸船イーグル号。

月面着陸40周年(ていうかブランク長すぎだろう)再販キットです。
こちらはさすがはドイツ製だけあって、ぎっちりつまっています。

DSC02877.jpg

グレーの色つきパーツです。さすが!

DSC02879.jpg

金色の銀紙(へんな表現だなぁ。敢えて書くなら、「金紙」でしょうか?)もついてます。くしゃくしゃポイ(ポイしてどうする)。

DSC02878.jpg

早く月面を踏みしめたいであります!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。星の10円です。

プラモデルにもお国柄が出るのが面白いですね。

バンダイは超合金アポロ11号&サターンVを発売するそうです。購入したいのですが、税込み¥52,290というのが今の私には非常に苦しいですね。¥39,800なら、なんとか手が出ないこともないのですが。超合金モデルでCSMとLMがドッキングした状態のものを¥5,250くらいで売ってくれないかなあ。
2009/10/22(Thu) 23:22 | URL  | 星の10円 #-[ 編集]
大人の超合金。
星の10円さん、こんにちは

大人の超合金、なかなかの出来のようです。飾っておくには最高のものでしょう。

まるまる一機売りだと確かに高いですから、分割して売れば売れるかもしれませんね。

ただ、私の場合は作っている方が楽しいのでレベル社のサターンVのプラモデルにしようかな、とも思います。最近購入できる店を探しましたが、プラモデルなのに二万弱もします。

あと、プラモデルですとディティールがどうしても甘くなりますので、海外ではグレードアップパーツが売られていたり、改造指南書のようなサイトもあって、見てみると1段目はどうにもならないから、自分で塩化ビニルパイプを買ってきてフルスクラッチで作れとか書いてあります(笑)

10円さんがもし大人の超合金を購入されたら、ぜひ見に行きたいと思います。
2009/10/24(Sat) 09:40 | URL  | ひーさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。