--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年05月02日 (土) | Edit |
今年は団地の自治会長をやっているおかげで、
休日はほとんどそちらにかかりっきりのひーさんです。

自治会の役員さんに回覧物を配ったりする関係で
団地の中をうろつくことが多くなったのですが、
必然的にお子様と遭遇する機会も増えてきました。
ところが、こちらが「こんにちは」と挨拶しても、
挨拶を返さないどころか、目も合わせてくれない
ことが多いのです。最近、お子様(含む中高生)と
出会う機会もなかったので、正直驚いてしまいました。

そんな時にこんな記事を目にしました。
なるほど、と目からウロコでした。
挨拶できないのではなくて、挨拶の定義が違うと。

世知辛い世の中になったなぁ、と思う反面
やっぱり自分の子供がもうすこし大きくなったら
「知らない人に声をかけてはいけない」と教えることに
なるような気がします。団地内だからといって、
外部の人たちも入ってくるわけですから安心できる
というものではないことは確かです。

でも、何度か顔を合わせるようになったら、
やっぱりすすんで挨拶できるようになってほしいものです。
そのためには、我々大人が手本を見せていくことが
大事なのでしょうね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。