--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年11月29日 (土) | Edit |
最近パソコン関係の部品を買うことはなかったのですが、
気がついてみると大容量HDDとメモリがめちゃめちゃ
安くなっているようです。

というわけで、MacBookProのハードディスクが結構いっぱい
になってきたので、写真とか動画とかを外付けのHDDに
移動させるべく、

IOデータ HDCN-U1.0Lを購入しました。
なんと1テラバイトもあります。

DSC02408.jpg
これとは別にMac対応というHDCN-U1.0/Mという製品があって
そちらはあまり安くないので、こちらにしてみました。
最初Macでも使えるのか半信半疑でしたが(注文してから
マズったかなぁ?とか思っていましたが)、つなげてみると
あっさりと認識されました。

FAT32でフォーマットされているので、MacOS拡張フォーマット
でフォーマットをしなおしすることにしました。MacOS拡張フォーマット
のほうが何かと安心できそうなので・・・。

パーティションをふたつにわけて、半分をTimeMachine用に
割り当てます。それでも500GBも残っています。うーん、感激。
よ~し、写真を撮りまくるぞぅ!!

そしてタイムマシーン!

これはMacを買ってからぜひ使ってみたかった機能だったのです。
なんとも魅惑的なネーミング。その名の示す通り、過去にMacを
遡らせることができるというもの。バックアップ機能を
さらに進化させたようなかんじです。

編集中のファイルをどんどん過去に遡って見ることができるので、
「ちょっと変更したけれどやっぱり元に戻したいな」 なんてとき
にとても便利。もちろん、うっかりごみ箱を掃除してしまったり、
ファイルを上書きしてしまったときも元に戻すことができるので
大丈夫というわけです。しかも差分バックアップなので、高速です。

このタイムマシン、安心してMacを利用するためには必須の機能
だと思います。ただ、外付けHDDで利用すると、HDDを接続
したときしかバックアップしてくれないので注意が必要です。
いずれ無線LANにつなぎたいと思いますが・・・。

ちなみに、Windowsマシンにつないでも当然のように
認識されなかったので、 いろいろと探したところ、
MacDrive7というソフトがあるようです。

5日間の試用ができるそうなので、試してみました。
インストールすると、エクスプローラ上にりんごマークつきの
ドライブアイコンが出てきます。あとは普通にフォルダやファイル
操作ができます。特別な操作も制限もないみたいです。
外付けHDDをWindowsとMacで共用できるようになったので
すごく便利です。

というわけで、MacDrive7も購入しました。
なんか、ダウンロードするよりもパッケージ版をアマゾンで
購入したほうが安い
みたいです。届いたパッケージのうち、
必要なのはライセンス番号を書いたカードだけ。ソフトは
すでにインストール済みなので・・・

最近のソフトってそんなもんなんでしょうね。
どんどんバージョンアップされるわけですし・・・
でもちょっと、なんだかさみしいかんじ。


でもちょっと、ソフトが高価な気がし
ますが・・・。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。