--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年09月21日 (日) | Edit |
となりの801ちゃん 小島アジコ

801ちゃん=やおいちゃん、と読みます。
知る人ぞ知る、京都の某商店街は長さが800メートル。
で、明日への希望のために1メートル足して801。
で、これが「やおい」と読める、というわけで
やおい=BL大好き女子=腐女子(自称)にまつわるお話です。
BL(ボーイズラブ。ブルーレイではない!)
に関心のある女性は身近に結構いらっしゃいます。
別に、ひーさん自身が特殊な環境にいるわけではないです。
念のため。

そんな女性を彼女にしてしまったチベ君が、彼女をネタに
こっそりとまんがを描いてしまったものを収録してあります。
同人ネタが多いですが、そもそもこの本の趣旨自体が
同人ものだと思います。価格も同人誌並みだ!高いぞ!

そもそも、なぜこの本を大人買いしてしまったかというと、
アニメ化が「諸般の理由で」中止になったという記事に
目が止まってしまったためです。この記事を読んだとたん、
俄然購入意欲が沸いてきました。アニメにならないなら、
原作を読むしかない、というわけです。

そこで。
なぜこのような思考パタンに陥ってしまったのかを冷静に
分析してみました。おそらく、

1.アニメは無料で見ることが出来る。
2.漫画は立ち読みできないことが多い。
3.当然、ロイヤリティフリーなアニメで「作品」に触れたくなる。
4.アニメがおもしろかったら原作を買う。
5.アニメがおもしろくなくても原作を買う場合もある。

まぁ、映画もそうなのですが、映像化された時点で
原作そのものではなくなってしまうわけですから
雰囲気を掴むぐらいなら、無料で見ることの出来るアニメを
先に選択してしまう、といったところでしょうか。

すると。

アニメで見ることができなくなった→選択肢5へ

結論からいうと冒険だったわけですが、
随所に散りばめられた元ネタを知る御仁にはおもしろいかと
思います。あと腐女子の生態を知るには格好の題材である
ことは間違いないと思います。

ちなみに、自ら「私は腐女子なのよ」と豪語している女性は
真の腐女子ではないことが経験上多いようです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。