--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年08月03日 (日) | Edit |
スカイクロラ 原作:森博嗣 監督:押井守

初日に行ってきました。レイトショーで。
原作は5巻+アフターから構成されていますが、今回の映画で
描かれているのは最終巻である「スカイクロラ」のみです。
今回の映画は一部を除き、原作に忠実に作られていました。
キルドレという子供のままで死を迎えることのない人たちが
戦闘機のパイロットとして生きていく上での、それぞれの心の
葛藤を描いた作品です。おとなむけ。
ですので、原作を読んだことが無い人でも映画を見た後で原作を読む
ことで函南が基地に来る前のストーリを通じて登場人物に対する理解
がより深まることになります。

とにかく映像が美しい!さすがの押井守監督です。空気感の表現が
何とも素晴らしいです。かび臭く、床がきいきいと鳴る基地の内部、
雲の中を突っ切る飛行機、どれも原作に描かれたシーンを色鮮やか
に、そして臨場感豊かに再現されていると思いました。そして押井守
といえば、「人形」と「犬」。草薙水素の眼はまさしく「人形」でしたし、
犬も出てきます。原作に忠実でありながらも押井守作品であるという
押しの一手を加えてあるところが印象的でした。

おそらく、原作を読んだことがある人は三度のショックを受けると思い
ます。それは、整備士の笹倉が・・・とか、フーコが・・・とか、ラスト
シーンが・・・といったあたりでしょう。とはいえ、笹倉は最初違和感を
感じながらも「なんかこれはこれでアリかも」と思えてしまいました。
フーコも然り。でも、栗田のストーリが語られていない分ちょっと
存在感が薄いのがかわいそう。ラストシーンは衝撃的の一言です。
これだけでも見に行く価値があるかもです。そして、エンドロールを
必ず最後まで見届けないとこの映画に対する印象が180度変わって
しまうと思います。

ひーさん的には、戦闘シーンの飛行機の動きがとにかくいいことが
満足でした。ただ、何も説明もなければ、パイロットの心の声もない
のでわかりにくいシーンが多いことも確かです。このあたりは原作で
補うとより理解が深まると思いました。ストールターンで失速したときに
突っ込まれたら、あれは恐怖そのものだなと思いました。ちなみにマニ
アックな内容のパンフにはストールターンがきちんと図解されて
いました。大編隊で飛行するシーンは全身の毛が逆立ちましたよ。

途中説明的で長い台詞が出てきますが、これは原作を読んだ人に
とっては「長いよ」と感じるのですが、そうでない人にはあの台詞が
あってはじめて理解できた、という印象を与えるようです。とはいえ
原作もわざとぼかして描いているようですので、映画化されるに
あたって押井守なりの解釈としてキルドレの再生を描くことになった
のだと思います。この点では理解しやすい構成だったと思いました。

ちょっと難しい映画かもしれませんが、これを機会に原作といっしょに
スカイクロラの世界に浸ってみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは、お久しぶりです。

映画「スカイクロラ」が気になって最近原作を読み出しました。
森博嗣なので最後まで読めるか不安なのですが、面白いです(今現在)。
全作品を読んでいかなくても大丈夫ですよね!?
2008/08/03(Sun) 21:33 | URL  | きな #pTgkTqwQ[ 編集]
きなさん、
お久しぶりです!

最近更新が滞ってしまってすみません。。

とりあえず「スカイクロラ」を最後まで
読んでから見に行かれれば、原作との
対比を楽しみつつ、映画ではさらっと
流されたシーンの理解も深まるかと
思います。あとパンフ必携です。

映画のあとで、「ナバテア」から読まれる
のをおすすめします。

以上、ハンニバル戦記に夢中な
ひーさんでした。
2008/08/03(Sun) 23:25 | URL  | ひーさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。