--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年04月05日 (土) | Edit |
すっかり我が家の定宿になった感のある、
篭坊温泉「湯の壺」へ先週末行ってきました。

今回も丹波焼の窯元めぐり、そして湯の壺でのんびり、まったりです。

前回陶器祭へ行ったので、いくつか巡る窯元を増やしてみました。
今回のお目当てはコーヒーカップとソーサーです。
ところで、ちょうど中間地点にあたる場所に美味しい
うどん屋さんがあるのです。「さか栄」というお店で、
讃岐うどんをいただくことができます。

dc033003.jpg


ここの一番人気は肉うどんなのだそうですので、早速注文しました。

dc033001.jpg


おだしのよい香りとお肉のコクがうまーく融け合っていて、
うーん、うまいの一言。

のりのりはぶっかけ肉うどんです。

dc033002.jpg


こちらの麺はとにかくコシがあります。甘く煮たお肉のほかに、油揚げ、
しいたけ、卵焼きなど具だくさん。

しかも、このご時世に+50円で大盛りにできるのです。その量たるや、
もう十分ですというくらい。

さて、お目当てのコーヒーカップとソーサーも無事手に入れて、
湯の壺に到着です。もう三回目。勝手知ったるなんとやらです。

dc033004.jpg


「やっぱり夕日は目に染みるケロ」

気のせいかもしれませんが、背景に見える廃業した旅館の荒廃ぶりが
訪れるたびに酷くなっているような気がします。特に屋根とか。

dc033013.jpg


4月いっぱいまでは、ぼたん鍋をいただくことができます。
食事場所はもちろん、道をはさんだ向かい側にある茅葺き屋根の
「きまぐれ庵」です。希望すれば部屋食もOKなのだそうです。

この日は階下のお客さんたちが部屋食&カラオケをされていました。
もちろん早々に避難
せっかくの川のせせらぎも台無しです。こちらの食事が終わった頃
には静まっていることに期待です。

dc033010.jpg


囲炉裏のそばで、おいしい豆腐、あまごの甘露煮、あまごの塩焼き、
そして蒟蒻をいただきました。もちろんすべて自家製です。お鍋の
食材もほとんどが宿周辺でとれたもの。まさに地産地消です。
今回もおいしいぼたん鍋をいただくことができました。

ところで、お部屋から川のむこう岸にいのししが見えるのですが、
今回はじめて名前を聞くことができました。うり坊のころからこの宿の
住人になっているという雌のいのししの名前は、


いのっち


・・・姪さんが名付け親だそうです。なっとく。
ちなみに好物はバナナです。こんど持って行こう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。