--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年06月12日 (日) | Edit |
今日は午前中、床屋に行った。
その間に注文していた椅子が到着。

dc061201.jpg


これが某店で使用されている椅子。なかなか豪華な感じで、
座り心地も良いです。実はかなりの買い得。

ついでに2006年に兵庫で開催される「のじぎく国体」の
マスコット・キャラクターの「はばタン」グッズ、
「はばタン瓦煎餅」も到着。応募したのが当選したらしい。

dc061203.jpg


卵たっぷりのサクサク感と上品な甘さでなかなか美味。
実は作っているのは神戸の老舗の瓦煎餅やさん。

雨が午前中で止んでしまったので、今日はホタルの見頃だと
判断して、急遽ホタル見物に。三木市の伽耶院という、法道仙人
が毘沙門天のおつげによって創建したという神秘的なお寺に
行ってきました。7時過ぎにに着いたのですが、ずいぶんと
人が集まっていました。

あたりが少し暗くなると、1~2匹フラフラとホタルが飛んで
いるのが見えてきます。しかし、「蛍川」のような情景を期待
した人々はこの時点で帰宅開始。新たに来るクルマもあるので
駐車場は騒然としていました。

ヘッドライトがまぶしいので上流へ移動すると、先ほどよりも
ホタルの数が多くなりました。片側が田んぼのような開けた
場所よりも、両脇に木々が茂っているような場所を求愛場所
として好むようです。デジカメを使って15秒バルブで撮影。

dc061213.jpg


マニュアル機のほうがよかったかな、とも思いましたが
ホタルがちゃんと点滅しながら飛行する軌跡を撮影することが
できました。よく観察していると、点滅周期の短いものと
長いものの二種類がいるようでした。一般には2秒周期が
西日本、4秒周期が東日本と言われ、たしかに短い点滅のもの
が多かったのですが、長周期のものも観察されました。
なお、場所を変えつつ2時間ほど観察していましたが、
求愛行動が終了するとベッドインするらしく、一カ所に
とどまったままになります。こうなると飛行個体が極端に
減少するのでもう帰宅タイムとなります。(それでも、
帰りしな点滅飛行する個体を見ましたが…ファイトぉ!)
ちなみにデジカメのパイロットランプを指で点滅するように
するとホタルが近寄ってきましたよ。実験大成功!

ちなみにホタルは羽化後一週間程度しか生きられません。
捕まえて家に持ち帰る行為は絶対にやめてください。
1年かけて育って、思いも果たせずに死んでゆくことを
考えてみてください。何組か、持ち帰る親子を見かけて
悲しい気持ちになってしまいました。

親子で学ぼうホタルのこと 「こどものためのホタル図鑑」


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。