--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年04月24日 (火) | Edit |
さて翌日は朝早く起きて、またもや温泉へ。
3回も入ってしまいました。

その後近くをぶらぶらを散歩しました。

DSC01192.jpg


湯の壺のすぐそばにある吊り橋です。ここを渡ってみると・・
DSC01195.jpg


いのししがいました!まだ赤ん坊だったころから育てているそうです。
女の子です。人に慣れているせいか、ひーさん達がそばに行くと
近寄ってきました。まだごはんの時間じゃないよ~!

DSC01196.jpg


羽束川のまんなかに温泉が沸いています。重曹炭酸鉄泉らしい
赤茶色をしているので一目でわかります。昔はここを露天風呂と
していたそうですが、これでは一人しか入れないんじゃ・・・。

DSC01200.jpg


源泉小屋の前には石碑があります。実はここは三ツ矢サイダー発祥の地
だそうで、ここで汲み上げた炭酸水に香料と糖類を混ぜて出荷していた
そうです。また炭酸ガスの製造も行っていました。じゅうぶん整備されて
いない道を、ボンベを担いで行き来したというのですから、当時の苦労が
偲ばれます。ちなみに炭酸ガスの力で湧出しているため、当時は昼夜
工場を稼働することなどとんでもないことで、一度採取した炭酸ガスは
再び上がってくるまで3日ほどかかったとか。今も温泉はこんこんと
沸いているわけではなく、炭酸ガスの圧力が充分上がったときのみ
上がってくるのだそうです。だからここに溜めておく必要があるのですね。

DSC01208.jpg


それにしてもここは交通の便が非常に悪いです。バスは平日と土曜のみ
神姫バスが一日数本運行していますが、日曜日はごらんのとおり運休。
土日宿泊する場合は自家用車しか使えませんね。道も行き違いが結構
大変でした。

DSC01209.jpg


こちらが食事処、きまぐれ庵。築200年の趣たっぷり。でも中はとても
新しくてきれいでした。

DSC01211.jpg


丹波はまだまだ春がきたばかり。これから八重桜が満開になるでしょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。