--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年04月22日 (日) | Edit |
 この週末は日本六大古窯のひとつ、丹波焼のふるさとを訪ねました。
明石にいたときは近かったのですが、京都からですと下道で3時間弱
かかります。というわけで、今回は秘湯を訪ねる旅も兼ねることに
しました。

前回同様、今回もまずは陶の郷(すえのさと)へ行きました。
ここは丹波焼の歴史を知る資料が展示されているほか、窯元の作品が
一同に集められて屋台ふうのお店に並んでいる、窯元横丁が
あります。もちろん陶芸体験をすることもできます。

今回は、丹波出身のポンちゃんが同行しました。
DSC01145.jpg

ひさびさに故郷へ帰れたので、よろこぶポンちゃん。

DSC01147.jpg


中庭にはたくさんの陶器のオブジェがならんでいます。
「うれしいポン♪」

DSC01149.jpg


丹波の里はまだまだ春が来たばかり。スミレの花もきれいに咲いています。

DSC01151.jpg


いつもどおり、窯元横丁をひとめぐりしたあとすぐ近くの窯元でお茶を
しました。こちらは陶の郷のすぐおとなりにある、「集芸館」さん。

DSC01152.jpg


ジャズが流れる落ち着いた空間で、サイフォンで淹れたコーヒーをいただき
ました。

「とっても落ち着くポン♪」

こちらのお店には陶器だけでなく、和紙やステンドグラスなども置いて
あります。

この後、いくつか窯元をめぐってお気に入りの食器を揃えました。
今回は泊まりがけなので、のんびりゆっくり。次の日もありますから、
お目当ての窯元さんは明日へとっておくことにしました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。