--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年03月13日 (火) | Edit |
神奈川から京都に越してきてもうすぐ3週間。
やっと靴箱が届いて、靴をおさめることができました。
が、自分の部屋は依然箱が積み上がっています。。

うれしいのは、電車通勤になって読書時間がちょっと
増えたこと。神奈川のときは車通勤だったのでそれも叶わず
だったのです。とはいえ、京都まですぐなのであまり
捗りませんが・・・。

毎日の楽しみは少しずつ、がよいですね。
久しぶりに読書レビューを。
全く読んでいなかったわけではなく、書かなかっただけです。

今回は藤沢周平「隠し剣 秋風抄」
私は映画「武士の一分」は観ていませんので、そもそも映画の原作
だとは知りませんでした。藤沢周平作品はこれで四冊目。

「隠し剣」シリーズは必殺技を身につけた主人公が、何かしら
決闘に巻き込まれるという短編集です。主人公の置かれる環境や
結末がそれぞれ異なるため、続けて読んでも飽きさせません。

ただ、名前が重複するのがいただけませぬ。
一瞬、これは続き物か?と勘違いしてしまうほど。
一字違いとかが多い多い。

収録作品では、「孤立剣残月」「盲目剣谺返し」がよかった
です。妻との愛情をクローズアップさせている点、
ミステリィを思わせる結末。感服しました。

と思ったら、「谺返し」が映画の原作だったのですね。
なるほど納得。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。