--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年02月19日 (月) | Edit |
MPVが納車されてから1週間。
近所のスーパーでの車庫入れ、小田原ロビンソン往復などで経験値を
積み、だいぶ車両操作、車幅感覚に慣れてきました。
全長4870×全幅1850×全高1685mm、ホイールベース2950mmと
大柄なうえ、アップライトな運転姿勢なので、はじめ左前輪がどこを
通過しているかわかりにくかったのです。

赤信号で停止中に左サイドモニターでタイヤと車線の幅を確認。
何回か繰り返しているうちに、左車線とフロントウインドの位置関係が
つかめてきました。まずはこれに慣れないと、キケンキケン。

フロントは…見にくいかもしれません。フロントウインドから、すとんと
落ちているので車端がわからないのです。これはコーナセンサを
付けて正解だったと思います。のりのりはポールを付けたがって
いたのですが、ひーさんが猛反対したのでした。

ただハンドルの切れ角が思ったよりも大きいので、駐車場での取り回し
にはそれほど苦労しません。バックモニタ併用で切り返しなしでも大丈夫
です。ただ目視でのバックは難しいかも。セカンドシートのヘッドレストが
視界を妨げるからです。あと、バックミラーが小さいのが不満です。

サイドウインドの視界は良好なので、本線合流の際も見やすいです。
ドアミラーもじゅうぶんな大きさです。

ハンドルは実に軽快。アテンザやアクセラよりも軽すぎる気がします。
コーナーを曲がるとき、ちょっと切るだけですっと鼻が向いてくれるので
運転は楽ですが、おもしろみに欠ける気がします。

鴨宮までの往復は山道なので、色々なシーンを体験できたのですが
まずはアクティブマチックから。これはインパネに装備されたシフトノブ
をDレンジから右側に倒すと、ギアを自由に選択できるモードになる
というもの。エンジンブレーキを利用する場合には操作が必要です。

シフトダウンの反応は素早く、ショックもありません。とても上質な印象。
6速用意されたギアをどう使うかを試すため、色々なギアで走行して
みました。3速まで落とせば大抵の場合事足りるようです。

1速 4.148
2速 2.370
3速 1.555
4速 1.154
5速 0.859
6速 0.685
BK 3.393
最終
前 3.749
後 2.928

とあるので、そんなところでしょう。それにしても1速のギア比がMT車並みに
高いです。ファイナルも加速演出の味付けといったところですね。
6速があまりにも低ギア比なので街中では5速までしかシフトアップしま
せん。実質5AT+αといった構成になっているようです。

電子制御式アクティブコントロールカップリング4WDの恩恵で
コーナリングは実に安定しています。ぴたっと路面に吸い付く感じ。
これはちょっとミニバンを運転しているというのを忘れてしまいます。
ただターボとは違い、DSCもTRCも非装備なので限界を超えない
ように注意しなくてはなりません。これは何とかして欲しいですね。

4000RPMで21.4Nmのトルクを発生する2.3L4気筒エンジンですが
総合的に見ると、力不足。1.8tのボディを引っ張るにはもうすこし
パワーとトルクが必要だと思います。このあたりはトランスミッション
でうまく演出しているようですが、上り坂や高速での追い越しには
4000回転まで踏み込む必要があるので、このクラスのクルマとしては
性格がちょっと違うのでは?という印象です。ターボを選ぶユーザが
多いのもうなづけます。

ちなみに、のりのりはセカンドシートにおさまってしまいました。

曰く、
「電動スライドドアのほうが出入りしやすいし、
 スーパーリラックスシートはよく眠れる」
とのこと。

なんだかすっかり運転手さんな気分のひーさんでした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんわです。

あら、いつの間に代替しちゃったの?
しかも何だか大きな車になっちゃって。
でも、なかなか渋い選択ですね。
今度乗せてくださいな(w
2007/02/21(Wed) 00:19 | URL  | ぽーりー #mQh9iPUQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。