--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年08月31日 (木) | Edit |
秦野に店を開いて20数年という老舗のフランス料理店「半文居」は
「はんぶんこ」と読む。なんとも洒落たネーミングではないか。
聞けば、文化を分かち合う居心地のよい店を目指したとのこと。
若い頃俳優の道を歩んだという長谷川シェフ。彼の豊かな人生経験と
友人の建築家とともに作り上げた何とも居心地のよい空間は、まさに
文化をシェアするための場といえる。気さくなシェフのおしゃべりに
耳を傾けながら、うまい料理に舌鼓をうつ。なんとも贅沢な時間が
ここにはある。

DSC00420.jpg

店のメニューを開くと、あれっ?と思うほど数が少ない。
常連の多い店だからこそ、常連のわがままも聞いてくれるようだ。
それだけにメニューに載せられた品々はどれも絶品である。

DSC00417.jpg


前菜として出てくる、これはスパゲティのように細く長い、
にんじんである。噛むと自然の甘みが口に広がる。
この店で出てくる野菜をはじめ肉にいたるまで地元産にこだわる。
自然なものを自然のままに食らう、を実践している。

DSC00423.jpg


ランチはコースで2000円~、ディナは2800円~。ハンバーグや
タンシチュー、オニオングラタンなど、どれも名物料理と言って
よいだろう。コースの最後に出てくるデザートもまた美味しい。
この日はオレンジケーキとチーズケーキ。

DSC00424.jpg


銀座にある隠れた名店「半文居」は長谷川氏のご子息が経営されるお店。
東京へ出かけられた際には是非。(写真は秦野の半文居)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんわ~。
美味しそうな写真に惹かれてやってきました。

銀座にあるのなら、次に上京できたときには
行ってみたいです。
2006/09/01(Fri) 00:32 | URL  | きな #pTgkTqwQ[ 編集]
きなさん、こんばんは。

銀座のお店はまだ行ったことがないので
私も是非行ってみたいです。登山靴探しの旅に
出ようと考えていますので、行った折には
またレポートをしたいと思います。

お楽しみに。
2006/09/01(Fri) 12:41 | URL  | ひーさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。