--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年08月28日 (月) | Edit |
通勤時間が2時間半もあるので、どう過ごしたらいいものやら。
ふだんは小説を読んでいますが、目が疲れていたり寝不足だったり
して細かい字を読みたくないときがあります。かといって眠くも
ないとき。それは心の英会話の時間です。
 毎日乗っている相鉄線には割と外国の方が乗車されているせいも
あって、小心者のひーさんはもし話しかけられたら~、とびくびくして
しまいます。そこでふだんから準備しておくわけです。自己紹介は別
として、自分んが今までやってきたこと、今やっていること、将来
やりたいこと、などをうまく説明できるか?(全てを英語で話す機会は
滅多にないとは思いますが)最近の話題の内容とそれに対する主観を
うまく言えるか?などと思いを巡らせます。

 さて、そこでばばばっと英語に変換して心でしゃべる。
それが心の英会話です。アメリカ生活を離れて久しいので思うように
出てきません。きっとしゃべったらアウトでしょう。単語でつまづく
からです。そうしたら、放置しないでさっと携帯電話を取り出す。
そしてメモに英語で表現できなかった内容を日本語で入力します。
オフィスや家に着いたら、辞書をひいてそのメモの横に英語で入力。
これをしばらく持ち歩きます(わかったからといってすぐ消しては
いけない)。

 たとえば・・・
「通勤は往復5時間かけてます」の「往復」ってなんだっけ・・・
とつまづいたら、メモに「往復5時間」と書いておきます。
調べると「往復」は round trip なので、それを日本語の横に入力。

「将来は痛みの緩和に役立つ」の「緩和」ってなんだっけ・・・
調べると、「緩和」は alleviate なので、入力。

「食道」って esophagus だけど、これって医学用語だから一般的じゃ
ないんじゃ・・・と不安になることもしばしば。これも入力。
どうやら一般的な単語のようです。

こんな感じ。
心で会話できる人にはおすすめです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
なるほどぉー
そのようにすればあがらないTOEICの点数も上がるかもしれない.

やってみまーす!
2006/08/28(Mon) 23:10 | URL  | kazamo #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。