--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年06月06日 (火) | Edit |
もう10年ちかく育てているパキラ。
パキラって「カイエンナッツ」というナッツのなる木だったの
ですね。知りませんでした。なかなかお目にかかれないそうですが
運が良ければ花が咲いて、実がなるらしいです。

conv0006.jpg

 途中植え替えたりしたものの、特にいじることもなく育てて
いたら、ついにひーさんの身長を超えてしまいました。

これが、大問題なのです。

これだけ背が高いと葉に光が当たらなくなってしまうのです。
そこで涙をのんで「切り戻し」をすることにしました。
ただ切るだけでは、せっかく伸びた茎がかわいそうなので
同時に「挿し木」もすることにしました。そこで必要なもの、
それは…。

conv0007.jpg


「メネデール」です。商品名のとおり、芽や根が出~る。
2価の鉄イオンが配合されているそうです。100倍にうすめて
使うのですが、600ml入って約1000円はちょっと高いな。

conv0008.jpg


剪定はさみがなかったので、華道用のはさみで枝をエイヤと切りました。
10年間の思い出が溢れ出た…かどうかはわかりませんが、
糖をたっぷりと含んだ樹液で手もはさみもべたべたになりました。
切り口がほのかにナッツの匂い。うーん、実がならないかな。
ホームセンタであたらしくポットと受け皿、観葉植物用の土を
買ってきてぶすりと挿し木をしてあげました。あとは、ジョロに
メネデールをうすめた液を作って振りかけるだけ。葉からの蒸散を
抑えるために葉は全て半分カットしてあげました。切った方の枝
からはすぐに新芽が出るそうで、植物の生命力の強さを物語って
いるようです。新芽が出たらまたレポートしましょう。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。