FC2ブログ
2006年02月23日 (木) | Edit |
村上春樹 国境の南、太陽の西 講談社文庫 読了。

 初村上春樹作品です。読みやすいという噂は聞いていましたが、
平易な表現が多く、それでいて場面展開も飽きさせないので
あっというまに読むことができました。正直、どの作品から
読もうかと悩んだのですが、「ジャズを流すバー」に惹かれて
手に取ったというわけです。
 一人っ子の「僕」の小学校から中年に至るまでの生き様を
描いた作品。何を隠そうひーさんも一人っ子なので前半に書いて
あることが共感できることばかりでした。尤も、男子校に行って
しまったので「取り戻せない時間」なんて云われると、うーん、
と悩んでしまいます。高校時代に主人公がプラトニックな?
恋をしていることがちょっとうらやましかったです。

 それにしても小学校時代に親しかった女の子、島本さんと
中年になって再会し、妻子ある身で島本さんへの一途な思いを
遂げようとする姿勢が純愛、とでもよぶべきなのでしょうか、
社会通念は置いておいていかにも人間らしいです。

 ただ、最後まで島本さんの謎はわからないままだし、「僕」との
思いを遂げたあと島本さんの謎の失踪についても言及しないまま、
という点がなんとも残念でした。作者の意図なのかもしれませんが、
イズミさんを偶然目にしたあとの「僕」の変わりようといったら、
なんとも不思議としかいいようがありません。そんなに気持ちって
早くさめるものなのでしょうか?男のほうがむしろいつまでも気持ち
を引きずるほうだとひーさんは思っておりますが…。個人的には
不謹慎ではありますが、家族を捨てても島本さんを大切にして
あげてほしかったです。島本さんと別荘に行くというクライマックス
を経たのに、なんだか急に失速したみたいな展開で、なんだかやるせ
ない気持ちのまま本を閉じました。

 結構、性描写がリアルかつアブノーマルなのにちょっと
 驚きました。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック