--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年02月21日 (火) | Edit |
レタス・フライ 講談社ノベルス 読了。

 森博嗣の新作ノベルスです。これはどの作家についてもいえる
ことではありますが、短編集はやはりそれぞれの作品に個性が
与えられていて、とくにシリーズ物が多い作家さんの場合、
息抜き的に楽しめる存在です。
 件のタイトル「レタスフライ」ですが、Let us fly の洒落
でしょうか。森先生のセンスから想像するとこんなところでしょう。
全般的に、このところアピールしまくりの工作生活が随所に滲み
出ていて、またまた楽しみながら書かれたのだなぁ、と想像できます。
また幻想的な場面を扱った作品が多いのも特徴的でしょう。

 なかでも面白かったのは「ラジオの似合う夜」。切ない恋心を
取り扱った作品で、なんともいえない読後感。そういえば森作品は
恋愛だのその先だのはこれまであまり焦点を置いてこなかったよう
に感じますが、この作品では愛を真っ向から取り扱っているように
思いました。最後にタイトルにしてやられました。

 また「砂の街」もよかった。主人公の立場なら、なんともうれしい
気分にさせてくれます。妹が欲しかったです。

 「刀之津診療所の怪」はGシリーズの番外編。犀川先生の科白が
なんともいえません。萌絵にはわからないけれど、読者は知っている
という優越感に浸れることが森先生からの最高のプレゼントでしょう。
ただ、短編集なのにシリーズを全部読んでいないと理解できない
というのはちょっといただけません。Gシリーズ本編で出して
ほしかったです。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。