--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年12月29日 (木) | Edit |
『猫は聖夜に推理する』 柴田よしき 光文社文庫
 読了。

 副題は『正太郎の冒険 マルニ』です。
売れてないミステリ作家、桜川ひとみの飼い猫、オスの正太郎くんが
活躍する短編集第二弾です。

 前作はシュールな作品もあって、読後感としてはちょっと、
な印象なものもありましたが、この巻では割と角がとれた感じの
仕上がりです。恋愛を基軸とした、女性の視点で描かれた作品が
多かったです。とくに22世紀にいきなり話が飛んでしまう、
『番外編』はSF的で面白いのですが、殺人が起きているのに
終盤のおちゃらけ具合が、ファンサービス作品という雰囲気を
醸し出していて、ちょっと残念。最後のお話は桜川ひとみの
過去が描かれていて、ちょっとしたサイドストーリー的位置づけ
になっているようです。
 正太郎シリーズの短編集は今のところ、この二冊なのですが
やはり正太郎の登場から読んでみたいので、買ってきました。
『ゆきの山荘の惨劇』 うん、こちらの副題はちゃんと
『猫探偵正太郎登場』となっています。まぁ表紙で買ったのだから
仕方がにゃい。ちなみにこちらは角川文庫です。同じ作家の
シリーズものが複数の出版社から出ていると、やっぱり混乱します。
というわけで、しばらく柴田よしきキャンペーンです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。