--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年10月19日 (水) | Edit |
 この日の宿泊は大山レークホテル。
大野池の真ん前に佇む、スイスの山小屋ふうの建物です。
dc101819.jpg

お部屋は広くて、池越しに大山北壁を眺めることが
できます。ホテルですが、温泉もあるのです。
3回入りましたが、3回とも貸し切り状態でした。
ゆうがた、大野池をぐるり一週散歩してみました。
dc101820.jpg

くつろぐ、小梅&梅美とカウィー。すっかり仲良しです。
湯上がりスペースに、知人の古山浩一氏(画家)の本
『4本のヘミングウェイ』を発見。絶版になったはず
(と本人が言っていた)なので、かなりうれしい発見。
部屋に持ち帰り、読み耽りました。
dc101831.jpg

 翌朝、ホテル前にて。ペンとカウィーが一緒です。
また泊まりに行きたい!と思うようなホテルでした。
dc101834.jpg

きょうの予定は出雲大社なのですが、ふたたび『みるくの里』へ。
朝日がまぶしいです。
dc101839.jpg

 平日なので空いています。前日にグッズを買ってスタンプを
集めたので、ソフトクリームが無料に。さっそく食べました。
dc101841.jpg

 有料道路をつかって出雲大社へ。道がつながって便利に
なりました。使っているのが古いナビなので、載っていない
道をどきどきしながらすいすい走りました。写真は
出雲大社のそばにある「かねや」。うるめの煮干しの香りが
よい、甘めのだしを器に入れて食べます。美味しかった~。
dc101845.jpg

 出雲大社。だいこくさまと称される、大国主大神を祀ってある
神社で、旧暦の10月である神無月に日本中の神々が集まる
場所としても有名なところです。ここでの参拝は変わっていて、
拍手の回数が4回。なんでも相手のぶんまでやるそうなのです。
本殿をぐるりと巡ると、左右に神在月(と出雲ではよぶ)に
集まる他の神々たちの宿舎がちゃんと用意されていました。
ひと部屋ひと部屋、ちゃんと扉まで用意されてあるのですが、
ちょっと数が足りないんじゃないかな~、と思いました。
えんむすびの神様ということで、若い女性たちはえんむすびの
お守りを買っていました。ここでは交通安全のお札と御玉串を購入。
dc101842.jpg

あと、大きな綱に貨幣を投げてささると良い縁に恵まれるという
噂を聞いていたので、チャレンジ。ひーさんは二回投げて成功。
のりのりはできるまで何度も投げていましたが、なんとか成功。
写真の神楽殿ではちょうど結婚式が行われていました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
出雲大社、懐かしいなぁ。
おっきなしめ縄、あったなぁ。
お守り、買っておけばよかったなぁ。
大山にも、行っておけばよかったなぁ。
2005/10/19(Wed) 23:43 | URL  | ぽーりー #mQh9iPUQ[ 編集]
ぽーりーさん、こんにちは。

すっかり風邪をひいてしまいましたよ。
やはりこの季節は気が抜けないですね。

 この日、ほんとうは宍道湖の北側をまわって美保関まで
いくつもりだったのですが、皆生までどえらい距離があって
予定を変更、往復高速つかっちゃいました。
翌日は台風のせいで風がめちゃ強で、とても美保関
に行く気になれず、断念したのですよ~。

 ついでに書くと、10月なので神無月、全国の神様に一度に
お参りできると喜んでいたのですが、旧暦なんですね。
なので、旧暦の10月10日、つまり現在の11月21日に
神迎祭を執り行うそうです。すっかり準備不足でした
(でも宿が安いのがこの日までだったので仕方なし)。

 なつかしい思い出ですね。
2005/10/20(Thu) 11:51 | URL  | ひーさん #-[ 編集]
出雲大社で4拝する理由をぐぐってみたところ、
大国主命が冥界を司る神様なので、死と四をかけて、
拍手は四回打つらしいです。

う~ん、相手のぶんまで、のほうがメルヘンなのになぁ。
2005/10/20(Thu) 11:58 | URL  | ひーさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。