--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年10月08日 (土) | Edit |
 明石から明姫幹線を通って高砂へ。ここから姫路バイパス、
播但連絡道路を経由して中国道へ入ります。まずは
勝央SAで早めの昼食。こんな看板があって惹かれましたが…
dc100201.jpg

 食べたのはこれ。かつめし。もちろん、デミグラスソース。
一口大のカツが載っていて、家庭的なお味でした。
半熟玉子つきで、お得なかんじ。
dc100202.jpg

 院庄ICで降りて国道179号を北上。今年3月の市町村合併で鏡野市と
なった奥津町に入ります。
dc100205.jpg

道の駅『奥津温泉』。温泉は施設内にはありませんでした。

 途中、ヤフオクの商品を送るために(笑)郵便局に寄りました。
そこで見かけたこの看板。
dc100204.jpg

『あなたを守る夜光タヌキってなんだろ~!?』

…と思ったら、『夜光タスキ』でした。

 倉吉までの道中は信号もほとんどなく、快適なドライブ。
あっという間に本日のお宿のある三朝(みささ)温泉に到着です。
温泉街に降りたら、郵便局がありました。
dc100210.jpg

なんとポストの上にカエルが鎮座しています。このカエル、カジカ
ガエルというカエルで、このあたりによく生息しているそうです。
お宿は「三朝館」。実はここに来るのは二回目なのです。前回は
昨年の冬に『かにカニエクスプレス』で、スーパーはくとに乗って
日帰りしたのでした。そのとき泊まってみたい!と思ったので
来てみた次第。ちょっと休憩してから、周辺を散策。
dc100212.jpg

 宿の間の前は三朝川が流れていて、かじか橋という歩道だけの橋が
かかっています。その橋の途中にあるカエルのオブジェ。同じような
ものが対岸側にもうひとつ。久々の温泉にペンもはしゃいでいます。
川の中央は工事中のようで、宿の方のお話によると近々足湯ができる
とのことでした。対岸に渡ると、土産物店が並ぶ方に向かって川沿い
に遊歩道が続いています。てくてく、と歩いていくと『陣所の館』
という小さな建物に到着。この地方では太い綱を使った綱引きが
行われるようで、その綱が展示されていました。綱はカズラの蔓を
編んで作られているようです。

 この陣所の館を皮切りに、幅3メートル、奥行き100メートル
ほどの道路をはさんで左右に土産物店や遊技場などが続いています。
いろいろなお店で特典がもらえるJTBのクーポンを貰ったので、
ぶらぶら歩いていたら『とく本』という和紙屋さんを見つけたので
入ってみました。ここのおじさんには因州和紙の良さやちぎり絵の
作り方を教えてもらったり、三徳山の投入堂(国宝で、来年世界遺産
になるとか)の写真集で解説していただいたりと、大変親切にして
いただきました。このお店ではコーヒー色のコースターと、レター
セットを購入。クーポン一枚で500円ぶんのお買い物券になりました。

 その後恋谷橋(縁結びかじか蛙があります)を渡って、お宿へと
戻る道を歩きます。てくてく。途中に依山楼岩崎というお宿がある
のですが、ここでお風呂をお借りします。ここは従業員の女性は
みな色とりどりの浴衣でした。お風呂は外湯に投入堂を模した
お風呂があったり、ジャグジー風呂とか色々あっておもしろかった
です
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。