FC2ブログ
2005年09月15日 (木) | Edit |
 研究でちょっと悩み中…悩んでも答えがナカナカでないので
ふらっと映画に行ってきました。きっとハチクロを観たせい
でしょうか。これは現実逃避なのか。疲れているのか。
どうでもいいことですが、神戸松蔭の夏服は可愛いですね。
白いワンピースは神戸ならでは、という感じがします。
洗濯&アイロンがけが大変そうですが…。

『チャーリーとチョコレート工場の秘密』

ストーリィも楽しいですが映像が見せ所なので、
やっぱりスクリーンでないと後々後悔しそうな映画です。
ちなみに二度目の映画化。
 チャーリーの家は狭くてぼろっちくて、しかも芸術的に
傾いていました。中は家族7人がぎゅうぎゅうづめ。しかも
周囲に家が建ってない…食べるものもキャベツのスープだけ。
とにかく悲惨。でもチャーリーは誕生日に買ってもらった
チョコを家族みんなに分け与えます。チョコを渡すときの
両親の期待に満ちた顔もとっても素敵。チャーリーと一緒に
工場に行くおじいちゃんも、チャーリーをはげまして送り出した
もう一人のおじいちゃんもとっても素敵。家はぼろっちくても
愛にあふれたあたたかい家庭なのです。

 工場内部のシーンはさすがCGを極力避け、セットで表現した
というティム・バートン監督のコダワリが随所に伺えました。
チョコの河をゴンドラで渡るシーンなどは、TDLのスモールワールド
やカリブの海賊を彷彿とさせました。中でもインパクトがあった
のが、ウンバ・ルンバです。前の映画でも歌が好きだったのですが
今回も歌って踊ります!役者はディップ・ロイ。とにかくたくさん出て
きます!さぞや撮影は大変だったことでしょう。。
お約束のリスたちもかわいかった!クルミをこんこん、とたたく
仕草がなんともいえずかわいい♪

 ジョニー・デップはお肌がきれいだったです。parentが言えない
というのはやりすぎではないかと思いましたが、原作はどうだったかな。
最後は幸せになってよかったよかった。

 とにかくブラックユーモアを満載しながらも家族愛を訴える
ストーリィは秀逸な原作そのままの雰囲気。映像も見事でした。
ウンバルンバの歌をマスターしたいです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/09/17(Sat) 11:20 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック