--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年09月14日 (水) | Edit |
『τになるまで待って』森博嗣 講談社ノベルス 読了。

 やたらと登場人物の増えたGシリーズの三作目。ちなみにGというのは
Greekの略で、ギリシア文字がタイトルに入っているからだそうです。
相変わらず今回も、加部谷、海月、山吹のズッコケ三人組がセットで登場。
新鮮だったのは、久々の「館もの」だったこと!ちょっとうれしかったです。

 お話は超能力者と云われる神居のもとへ、赤柳(自称)探偵がバイトの
学生たちを連れて真賀田四季に関する文献調査に行くというもの。
神居の家に同居するメイドさんが、なんだか今のブームを象徴しています。
他にもネタバレになってしまうので控えますが、森先生の趣味が今回も
色濃く反映されております。

 しかし、今回は読みながら焦りました。きっとこの本を読まれた大多数の
方がそう感じられたと想像します。謎がちっとも解決しないのです。
例によって犀川&西之園コンビが登場しますが、それもずっとあと。
今回はいくつかの謎を残したまま進行することもあって、よけいに読者は
焦りを感じるのかもしれません。密室トリックはなんとなく予想通り
でしたが、事件は未解決のままだし…。そしていつもは「なるほど
そういうことだったのか」と唸らせる一行でスパッと終わる筈なのに
今回は謎を積み残し
ています。否応なく次回作に期待が高まります。
Gシリーズ自体が赤柳という人物を基軸に動いているので、その正体が
少しずつ明らかになっていくのですね。楽しみです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。