--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年09月10日 (土) | Edit |
 以前記事にしたO-Zoneの『恋のマイアヒ』について、
収録されているフラッシュに登場するキャラクターに関しての批判が
飛び交っているそうです。

エイベックスは以下のようにコメントしている。
「『のまネコ』は著作権管理会社と商品化契約を締結した上で使用している」
「『のまネコ』は、ネット掲示板において親しまれてきた『モナー』などの
 アスキーアートにインスパイアされて映像化され、当社と著作権管理会社
 が商品化にあたって新たなオリジナリティを加えてキャラクター化したもの」
(出典 IT Media News 05/9/9)

あれってどう見てもモナーだと思うのですが。
っていうか、『のまネコ』っていうんだ。のまネコ(R)かな?えっ、まだ?

ネット文化ではモナーは「公共の」キャラクターであって、これを利用して
利益を得ようとするのは言語道断、との意見が強いみたいですね。
フラッシュ自体改変されているとはいえ、もともとはフリーでの公開を
前提に作られたものですし、フラッシュ→おまけ、売っているのはあくまでも
曲ですよ、という姿勢を見せればよかったのではないかと思います。
よって↑のコメントは反感を買うだけ。ネット文化が著作権のおそらく世界一
ウルサイ日本の音楽業界に浸透し融合する兆しといえるだけに、
今後うまく歩み寄っていけることを願っています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。