--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年08月31日 (水) | Edit |
dc083101.jpg

 ISS(国際宇宙ステーション)の規模縮小が決定されたようです。
ISSといえば、つくばにいた頃、JEM(Japanese Experiment Module)の
閉鎖環境実験のお手伝いをしていました。窓もなく、昼夜もわからない
環境に1ヶ月滞在すると精神・肉体にどのような影響をもたらすのか
を調べる目的で行われました。2グループにわけて、綿密な時間配分
のもとに作業(プラモデルの組み立てやジグソーパズル)、運動、
食事、睡眠を行いました。食事の供与も二重扉を使った徹底ぶり。
一ヶ月がまんすると30万円の報酬が得られるのですが、2週間もいると
まいってしまうようで、可哀想だったです。宇宙からは地球が見える
わけで、やっぱり窓は必要でしょう。。ちなみにISSに今も滞在する
ロシアのセルゲイ・クリカリョフさんは今日で762日目。
地球が恋しくならないのでしょうか。
民間に貸し出す的な意見も飛び交っているので、いっそのこと
宇宙ホテルでも作ったらよいのに。お食事が大変そうですが。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
米航空宇宙局-NASAのグリフィン長官は、30日開いた記者会見で声明を発表。国際宇宙ステーション(ISS)の建設規模縮小計画に関する報道は誤り、と述べた。会見は、先日発表されたNASAの宇宙開発計画新案に対し、各国から殺到している「米国のISSからの資金引き上げは一方的.
2005/08/31(Wed) 19:40:03 |  bogusnews

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。