--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年02月17日 (日) | Edit |
今日見に行ったら、基礎が完成しており、残土が撤去されていました。こんな形で家を眺めることができるのも、今のうちだけになります。
P2170004.jpg
おや、基礎の端に埋まっている、あれは何でしょう。
P2170021.jpg

近づいてみると、地鎮祭のときに頂いた、お守りのようです。これとは別に、柱に貼るお札も頂きましたので、こちらは上棟のときに見ることができると思います。
P2170020.jpg

柱を立てる位置にアンカーボルトが埋まっているのですが、なかでも群を抜いて太いボルトがあります。これは、ミサワ独自の制震装置、「MGEO-N」が設置される場所になります(縦方向と横方向の合計2個が設置されます)。MGEO-Nとは、ゴムの減衰力を利用して、おもに二階の揺れを抑える装置です。よくある免震装置とは違い、少しの揺れでも作用する(てこの原理によって振動をゴムに伝える構造)ため、比較的小規模の地震が多い関東地方では有用な構造といえます。こちらも、棟上げのときに姿を見ることができるので、今から楽しみです。
P2170028.jpg

ところで、心配していた擁壁と基礎が最も近づいている部分ですが、 60cmは確保されていました。これなら、線路を敷設するのも問題なさそうですね。
P2170010.jpg

先週見に行ったときは、残土が山盛りなうえに基礎の型がありましたので、狭く見えた庭も、こうしてみるとそこそこの広さに見えます。擁壁の上におじさんが立っているのが気になりますね。
P2170048_2.jpg

さて、来週はいよいよ上棟立ち会いです。しばらくは、足場とネットに覆われることになります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。