--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年07月03日 (日) | Edit |
学生時代の解剖セットを駆使しながら、せっせとISSを増築中です。こちらが構成図なのですが、写真の奥左側が「多目的実験モジュール」、その右が「きぼう」、手前左側が「第三結合部」、右側が「ハーモニー」です。ハーモニーについている、黒いしっぽのようなものが与圧結合アダプタで、ここにオービターをくっつけるわけです。ちなみにソユーズは正反対側にくっつくことになります。

P7030794.jpg

第三結合部の手前に空いた大きな穴にキューポラを取り付けます。ここにはシャッターがついていて、宇宙ゴミや宇宙塵から窓を守るようになっています。ところが、この第三結合部につなぐ与圧結合アダプタが探せど探せど見つからず。ランナーを袋から出したときに違和感を感じたのですが、どうも最初から脱落していたようです。明日トミーテックに問い合わせなければ・・・。

スポンサーサイト
2011年07月02日 (土) | Edit |
早速制作に取りかかりました。作り始めた印象は、なんちゅ~キットやねん・・・、です。とにかくランナーから部品を切り出すのにとても神経を使います。さらに、ランナーと部品の境目が小さすぎていまひとつわかりにくい。塗装済みではありますが、ビギナー向けではないような気がします。

さらにこの塗装済み、という点が厄介なところで、ランナーの切り出し位置をカッターで整えようとすると、うっかり塗装を剝がしてしまう可能性がありますし、何よりも接着剤で溶けてしまいます。部品が細かいために接着剤がはみ出しやすく、余計に気を遣います。

とまぁ、熟練向けだな~というのが組み始めた印象です。でも、ディティールはすばらしい。とりあえずJEM(きぼう)を組んでみました。ロボットアームが折れそうでちょっと怖いですね。そして思いました。あぁ、これは・・・

P7020759.jpg
2011年07月01日 (金) | Edit |
TOMYTECの技MIXシリーズ、ISS(国際宇宙ステーション)が届きました。思ったよりも小さな箱なのに、びっくり。ハセガワの1/200オービタくらいの大きさでしょうか。

P7010737.jpg

実はこれ、彩色済みのプラモデルなのです。大人版ビッグ・ワン・ガムですね(ガムはついていません)。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。